魂の段階・感謝

富士山

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】カミノミヤメールマガジン
令和時代をよりよく生きるためのメッセージや、運命星毎の月運メッセージなど配信します。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

魂の段階

魂には段階あり。
段階低き者ほど我欲強きて、己のみの幸運、利のみ望みゆく。
さらに低き者の魂、親殺し、子殺し、考えられぬ罪犯すなり。
さなる低き魂増えゆくは悲しきなり。
それゆえ、人には魂の向上必要なり。
毎日手を合わせても良きこと無しと考えし者もあり。
さなる考えある内はまだまだ浄化が足りぬなり。
無心に感謝を捧げ、浄化に努め生きるなれば、いかに守られ生かされしか、その奇跡感じ得るものなり。報われるものなり。
見返り求めず、さらなる向上目指すがよけれ。
己の魂磨きて、人の幸せ祈りて、神に感謝捧げ、魂の段階を一段一段上げ生きるがよからん。

2008.7.7

感謝

人が人への感謝、神への感謝を表す術は様々あり。
祈りにて、行動にて、また、人は物質社会にあるものなれば金品にて表す術もあり。
それが、如何なる術でありてもそこに良き心、良き気伴うなれば神は喜ばれん。
人への感謝も良き心、良き気持つ贈り物なれば、その気も届きて受け取りし者も喜び感謝せん。
儀礼のみの奉納、贈り物なればなさぬも同じ。
神は言葉のみの感謝にても、金品の奉納にても、その者の心を見るものなり。
奉納品の高きか安きか、奉納金多きか少なきか、さなるもので判断はせぬ。
金銭持ちても我のことにしか使わぬ者、苦しくとも人のために金銭使う者。
金銭無くとも人のために祈る者、行動する者。
どのような生き方為せば、神に認められしか、考えるがよけれ。

2008.7.9

タイトルとURLをコピーしました