2020-04

記事

火風水の力

火風水の力 今段々と火の力も風の力も水の力も、強くなりたること気づきおるや. 火事は様々なる形にて起こるも、たとえ家屋の火事とてこれまでより、火の勢い強きなり。 風も、台風の如き、強き風吹かん。 はじめに神は水の力...
神様の警告

神代の国造り・トコヨクニ

神代の国造り スの神の大いなる意志働きて、宇宙は循環し地球も人もすべからず良きにはからわれん。人は知恵を与えられ、稲作、学問技術を生みだし国造りを為したり。米は神から与えられし日の本の民の精神性を育む食物なれば、人はその神の意に乗り...
記事

平成17年5月9日の神示

心のゴミを取り去る方法 まず、神に祈り、感謝を捧げよ。そして、食べる物は全て残さず食べ、よく噛み砕き、神の懐に入るまで噛みゆき、自己が食べるのではなく、神が食べられるように噛み砕き、そうすると、心が落ち着き、穏かになる。食べる前には...
神様の警告

天皇陛下の封印

天皇陛下の封印 遠き昔、神は人と神を結ぶ役割を担う天皇陛下を定め、天皇陛下は祭政を担わん。人々は天皇陛下を通じて神を敬い尊び、日の本の世、良きにはからわれたり。なれど、人の心移ろいやすく、我欲は強くなりて、少しずつ人は神から離れ、天...
記事

平成17年5月8日の神示

平成17年5月8日 今日、申す事は、大変大事な事ゆえ、よくよく心してかかれ。徐々に日本、また、世界は大きく改革される。時期が近づきつつある事は、ひしと感じているであろう。生半可に考えてはならぬ。人が信じぬと言うて、何も言わずに口をつ...
神様の警告

天皇陛下

天皇陛下 はるか遠き神世の時代。 食べものも少なく、文明の発達も穏やかなりし頃、神は人を愛で、人は神を尊び感謝捧げ、人の魂も美しく輝けり。 神は人に我を与えん。そは人が発展し向上し、さらなる成長図るためのものなり。 ...
記事

土に帰らぬ危険なる物は、全て手放すべけれ

土に帰らぬ危険なる物は、全て手放すべけれ 立て替え直し、立てわけのときの、その終わりは、まだまだ先の事なり。地球と人類の全てを浄化し、一つの汚れも無き程に浄め、不要なものすべて淘汰されるまで続かん。 日々の小さな出来事や、事象...
2005年神示

平成17年5月6日の神示

平成17年5月6日 人に伝えよ。今、日本は大変なる危機にある事を。そして、それは恐れ抱かせるままではならぬ。その為にはどうしたらよいかを問いていかれよ。 一つに、その方法は神社に参る事。神社に足を何度も運べば、その清清しさに気...
2005年神示

平成17年5月4日の神示

平成17年5月4日の神示 日本はだんだんと混乱の世に入る。これは、神仕組み。天の定めにより避け難し。時はすぐに来たり。 それでも、まだ自分の身には振りかからぬとのん気に構える国民大勢いるなり。賢き者は神の声を直接聞かずとも、こ...
2005年神示

平成17年5月3日の神示

平成17年5月3日 人々に伝える事は古代は神と人とが交信し、全てを神に委ねて生活していた事。人間の肉体はただ借り物で、自分で生きているのではなく、生かされている事。苦労も、病気も全てが神仕組みである事。天皇不在では日本は成り立ちえな...
タイトルとURLをコピーしました