2022-11

記事

国を守るのは一人一人の危機意識

国を守るのは一人一人の危機意識 日本は今、大変な危機の中にあり。なれどそを真に悟りしもの少なし。 日本は自然災害が多い国なり。 山の木々を必要以上に切り倒さば山は軟弱となりて山崩れ、土砂崩れ起こり甚大な被害が起こらんとす...
記事

神社に詣でよ

神社に詣でよ 日本にはどの地域にも神社あり。心の奥に社をたて神を感じられることができるなれば、神社も鳥居も神棚も必要はなし。なれど神は目に見えぬなれば、聖域とする神社の存在は人間には必要なり。神が目に見えらば信じると言う者あり。なれ...
記事

唯一の幸せの道

唯一の幸せの道 この世の万物事象全て陰と陽とに分けらるる。陰陽にてひとつ。光りと影あるようにこの世には善と悪あり。なれど悪というも、善なり。悪のまったく存在せねば、この世は滅ばん。故に神はこの世に善と悪とがよきに図られ仕組まれたり。...
記事

他人事は通用しない時代

他人事は通用しない時代 人間はひとりでは生きられぬ。生きられぬように、創られたり。そこに困る人あらば手を差しのべん。そが本来の人間の姿なれどあまりにも便利なる生活と人に頼らずとも生きらるる現代の生活。特に核家族の今では、家族ごとにま...
記事

地軸と宇宙

地軸と宇宙 今地球は過去の大地震にて、地軸狂い、かつ東日本日本大震災にて日本の地形大きく動かされん。地軸狂うはとてつもない危機なるを皆きづきおるや。宇宙の星は全てよきに配置さるる。星の地軸にて繋がり調和となりにけり。ゆえに地軸狂うは...
記事

四季の循環を正す

四季の循環を正す 空を見よ。雲を見よ。空の雲行き富にあやし。夏の季節に秋模様。全てが人間が作りし事。春に食する物を一年中食し、夏に食する物を一年中食し、秋に咲く花を一年中咲かせ、季節感失わるる。神が日本に四季を与え、四季折々の食べ物...
記事

季節外れの桜

季節外れの桜 先日、木花咲耶姫様を祀る宮崎県西都市の都萬神社へお参りに行つた後、西都原古墳群へいきました。西都原古墳群の景色はいつ見ても美しく、特に春は桜と一面の菜の花で楽しませてくれます。 今はコスモスがピンクの絨毯...
記事

同じ過ち

同じ過ち 世界は今危機の時にあり。日本は世界の中心にある民族なれど、その自覚無く危機感薄き者が大半なり。日本人はよき意味にて、曖昧なる民族性、順序重んじる民族性なり。大事起こらば親切心、同情心、反省心も充分あるれども、喉元過ぎらぱ忘...
記事

魔に打ち克つ

魔に打ち克つ 人は弱きものなれば、魔物にとりつかれやすし。傲り、傲慢、過ぎたる物欲、金銭欲にとり憑かれしものなり。魔は人の心の闇に入り込み人の心を操らんとす。魔は暗き思いや歪みたる魂を好むなり。そこに入り込んでは思いのままに動かさん...
記事

事の重大さ

事の重大さ 今は異変のとき。その事の重大さに皆まだ気付かぬや。神は、毒出しのその現象を少しでも和らげんがため繰り返し繰り返し警鐘を鳴らし続けらるるれど、大きな事象起こらずば人は気付かず。毒だしの渦は確実に広がらんとす。人間は最も神の...
タイトルとURLをコピーしました