記事

改めて天孫降臨を果たす

改めて天孫降臨を果たす かつて神代の時代には、神と人が共に手を取り合って幸せに過ごしていたそうです。 しかし、文明の発達とともに、段々と人の我欲が強くなり、神と人との波長が合わなくなってしまいました。 それによって、神と...
記事

天国か地獄か

天国か地獄か この立て替え立て直しは、人類が進化を果たすための最後の機会。 なれば、この世の浄化は決して甘くはなし。 皆々、自覚し、肝に銘じ、肚を括らねばならぬ。 この世界の変化に何も感じず、己の浄化に向き合わぬ者...
記事

正義と寛容さ

正義と寛容さ 人は正義をもって生きねばならぬ。 なれど、完全なる正義もこの世には存在せぬことも知らねばならぬ。 己の正義を貫くは悪しきにあらず。 なれど、正義に偏り過ぎるも邪とならん。 常に己を見つめ、神の意...
記事

手を合わせ進化する

手を合わせ進化する 人はいつの日かその肉体滅びて必ずや死を迎えんとす。なれど、肉体は滅びてもその魂は滅びぬ。輪廻転生を繰り返す定めなり。人の魂と心は同じものにあらず。なれど、心穢れれば魂穢れ、心清まれば魂も清まらん。魂の願いは、心磨...
記事

神と共にあり、より良い選択を

神と共にあり、より良い選択を 人生は選択の連続なり。 魂を浄化し、神と共にある者は自ずとより良き道を選び進まん。 道の選択を過つは、己自身の負の感情、執着あるゆえなり。 幸せになりたしと思うなれば、正しき選択を果た...
記事

優しさは賢さ

優しさは賢さ 全ては因果応報。 己の言動によって己の人生は創られん。 巡りて巡るは宇宙の法則なれば、全ては己の在り方にて決まらん。 なれば、己の想いを改めよ。 己の発する言葉を改めよ。 人の創造の力を侮...
記事

争いを捨て進化を果たす

争いを捨て進化を果たす 人は負に傾きやすきもの。 負の気は同調し増幅しやすく、今の世は負の要素が多すぎる故、致し方なし。 なれど、そを終わらせるは己自身なり。 負の気発さず同調せず、正の気の循環を起こす者が立て替え...
記事

神との調和。神との争い。

神との調和。神との争い。 宇宙運行は万物の調和を求めるものなり。 調和を乱すは、正される仕組みなり。 なれば、自ら調和せんとするが何より楽な生き方ならん。 不調和なる在り方は己を苦しめるばかりなり。 全ては巡...
記事

米食は日々の神事

米食は日々の神事 米を食せよ。 大和の民の心は、米にて養われん。 稲作は神の意図にて広められん。 世界の中心なる日の本の民を育むためならん。 米を中心に旬の食材食してこそ、健全な心と体と魂とならん。 立...
記事

【夏至】まずは、神社参拝

【夏至】まずは、神社参拝 神国、日の本の民よ。 日の本は神の国。世界の要なり。その事はよう気づけよ。 日本の浄化なしに世界の浄化なし。 少しずつ、少しずつではあるが気づきて神の言葉に耳を傾けようとする者、神の存在を...
タイトルとURLをコピーしました