記事

記事

最後の願い・少子化

最後の願い 神の願いは今この時人が目覚め、素直な魂を取り戻す事なり。その願い、広めてくれよ。最期の猶予なり。神の心、御意図伝える人を選びて託すものなり。時は少なし。真に人が気づきて変わるを待つなり。精神向上なき文明、堕落、狂乱、環境...
記事

弱さを責めるなかれ・人間の傲りがウイルスを呼ぶ

弱さを責めるなかれ 人の心はうつろいやすく弱きものなり。情勢変わるなりては、常に心変わるらん。されど、困難苦労から逃げるべからず。安きに流れる人生なりては生きる意味なき。何の障害もなく何の困難もなく、魂磨く修行もせず生きる者ありなば...
記事

御役・向上のための文明

御役 人よ。迷うなかれ。己の存在を否定するなかれ。己の中の悪と向かい合った時、己を貶めるなかれ。己の中の悪に気づかぬ者も世の中多し。また、気がつきても改むることなく、魂穢す者も多き。己の中に悪ありは、皆々同じなりき。そに気がつき反省...
記事

一人では生きられぬ・季節風土の食

一人では生きられぬ 怒りは本来自分に向けるものなり。自分のいたらなさ、狭量さに対し反省を持ち、自分に向けるものなり。本当の意味での他人に対する怒り、生命を軽んじるもの、人の安全を己の利害にて軽んじるもの、秩序をいたく乱すもの、子や親...
記事

食の陰陽・すべては日本にかかる

食の陰陽 万物全て陰陽あり。陰陽ありて調和するなり。陰のみありても陽のみありても成り立たず。二つで一つなる。片方のみでは動きとまりて、この世動かず。神は全ての物に陰陽与え、循環させらるる。陰陽の最も表れたるもの、陰・女。陽・男なり。...
記事

和の伝統に目を向けよ・自然を埋める行為・本物 言霊 四季

和の伝統に目を向けよ 日本は島国なり。神は世界の要、神出づる国として、日本の島々を作られし。神はこの日之本、日本が神国として、神と共に歩み世界の要となりては、神に似せし美しき言霊を与えられ、どの国にも冒されぬ国民性を与えられたまいし...
記事

神の与える禊ぎ・平穏な日々こそ・今、地球の危機なり

神の与える禊ぎ 人よ、おごるなかれ。人皆平等なり。人は己が一番なり。何よりも己が一番可愛きものなり。そは致し方なし。ゆえに、神は人に病、不幸現象もたらし禊がるる。病なくば人の苦しさわかるまいぞ。不幸なくば人の心わかるまいぞ。貧乏とて...
記事

欠けを補う・循環・五色

欠けを補う 神は人に優劣つけず、男女に優劣つけず。人は皆欠ける生物なり。欠けぬ人間一人も存在せず。人それぞれに個性を与えらるるは、欠ける所補い合うようにとの神のはからいなり。それゆえこの世に生を受けし時、人それぞれに流れを与えられ、...
記事

あえていばらの道へ・食を正せよ・人の能力は平等

あえていばらの道へ行け 人よ。苦労を悲しむなかれ。避けるなかれ。病、貧困、挫折、事故、別離。人の苦しみ様々なれど、気づきとなり、禊ぎとなるらん。最も辛き病にても、人の親切、献身、苦しみ知る糧となりぬる。事故ありしは、命の大切さ、安全...
記事

温暖化・環境問題と向き合う

温暖化・環境問題と向き合う 世の中何かと騒がしきなり。 コロナウイルス、大洪水、山火事、異常なる暑き夏、台風の脅威、他、今地球上に様々なる事象おこらんとす。 神は、温暖化の進行の速さを人々に知らしめんとされたり。 ...
タイトルとURLをコピーしました