記事

記事

波動を高める

波動を高める この世に起こる事象、事件、事故、悪しき出来事、重なり起こる日ありなん。 さなる日は、波動悪しきて、人の心も乱されん。 この世の万物事象すべての大元は波動なり。 己の波動衰えなば、その時命も絶えんとす。...
記事

数にも魂あり

数にも魂あり 神は人に文字や言葉の恵みのその他に、数、数字、さらに計算方法も伝えらるる。 科学者は神に遠きと見えて実は神の世界に近づく者達。 数学者は、意識無意識に神の世界に入り込まん。 数にも魂あり。 宇宙...
記事

神代の文字に宿る日本人の神性

神代の文字に宿る日本人の神性 神代のその昔、建国のはじめにすでに文字あり、建国の理念あり。 神が文字を作られ、人々と交流を図られ民に文字の書き方、読み方を指導されん。 日本の言葉は独特にて、他のどの国にもない美しきて雅さ...
記事

国を守るのは一人一人の危機意識

国を守るのは一人一人の危機意識 日本は今、大変な危機の中にあり。なれどそを真に悟りしもの少なし。 日本は自然災害が多い国なり。 山の木々を必要以上に切り倒さば山は軟弱となりて山崩れ、土砂崩れ起こり甚大な被害が起こらんとす...
記事

神社に詣でよ

神社に詣でよ 日本にはどの地域にも神社あり。心の奥に社をたて神を感じられることができるなれば、神社も鳥居も神棚も必要はなし。なれど神は目に見えぬなれば、聖域とする神社の存在は人間には必要なり。神が目に見えらば信じると言う者あり。なれ...
記事

唯一の幸せの道

唯一の幸せの道 この世の万物事象全て陰と陽とに分けらるる。陰陽にてひとつ。光りと影あるようにこの世には善と悪あり。なれど悪というも、善なり。悪のまったく存在せねば、この世は滅ばん。故に神はこの世に善と悪とがよきに図られ仕組まれたり。...
記事

他人事は通用しない時代

他人事は通用しない時代 人間はひとりでは生きられぬ。生きられぬように、創られたり。そこに困る人あらば手を差しのべん。そが本来の人間の姿なれどあまりにも便利なる生活と人に頼らずとも生きらるる現代の生活。特に核家族の今では、家族ごとにま...
記事

地軸と宇宙

地軸と宇宙 今地球は過去の大地震にて、地軸狂い、かつ東日本日本大震災にて日本の地形大きく動かされん。地軸狂うはとてつもない危機なるを皆きづきおるや。宇宙の星は全てよきに配置さるる。星の地軸にて繋がり調和となりにけり。ゆえに地軸狂うは...
記事

四季の循環を正す

四季の循環を正す 空を見よ。雲を見よ。空の雲行き富にあやし。夏の季節に秋模様。全てが人間が作りし事。春に食する物を一年中食し、夏に食する物を一年中食し、秋に咲く花を一年中咲かせ、季節感失わるる。神が日本に四季を与え、四季折々の食べ物...
記事

季節外れの桜

季節外れの桜 先日、木花咲耶姫様を祀る宮崎県西都市の都萬神社へお参りに行つた後、西都原古墳群へいきました。西都原古墳群の景色はいつ見ても美しく、特に春は桜と一面の菜の花で楽しませてくれます。 今はコスモスがピンクの絨毯...
タイトルとURLをコピーしました