2024-04

記事

望む世界に相応しい人になる

望む世界に相応しい人になる この世界は人の想念が生み出しもの。 一人一人が創造したる結果がこの世界なり。 皆々が生み出したる今の世はいかなるや。 さらに良き世、良き暮らしを望むなれば、己の想念を改めねばならぬ。 己の不幸を他者や社会に責任転...
記事

浄化の光が降り注ぐ

浄化の光が降り注ぐ 年々、立て替え立て直しの神の光強くなりゆかん。 そは、地球と人類にとりて希望の光なれど、浄化進まぬ者にとりては身を焼き尽くすほどの辛き試練をもたらさん。 なれば、常に己を磨き神と波長を合わさんと生きるが、これより先の己を...
記事

いらないものを全て手放す

いらないものを全て手放す これより先、世界の変化は加速するばかり。 皆々の暮らしにも大きく影響ありなん。 他人事、対岸の火事は通用せぬ。 立て替え立て直しは、一人一人、全ての民の邪気の浄化を進めるものなり。 なれば、これより先、全ての人に思...
記事

今決めよ

今決めよ これより先の世界にて己を守る術は、霊性進化を目指すことなり。 己を縛りたるよざるしがらみを捨て、道徳観を高め精神性を磨き上げよ。 さなれば、大改革の時も神の導きに乗りて、加護厚く生きられん。 霊性進化を目指す人が増えるほど、この世...
記事

人類が抱える業・カルマ

人類が抱える業・カルマ 神が人に求めるは、ただただ正しくあることなり。 なれど己の正義をただ貫くが正しさとは限らぬ。 正義も行き過ぎれば悪となることもあり。 正しさがぶつかり合いて争いになるは本末転倒なり。 全ては調和。正しさにも調和が必要...
記事

自分を好きになる

自分を好きになる 魂を磨く方法の一つ、そは己を好きになることなり。 高い道徳心を養いて、過ちあらば素直に反省せねばならぬ。 なれど、過去を引きずりて自己否定をするなかれ。 人は誰しも未熟にて間違うものなれど、そを素直に認め、成長の糧とすらば...
記事

神意を受け入れる覚悟

神意を受け入れる覚悟 この度の立て替え立て直しは、年々と変革を加速し、現象も強くなりゆく。 そは、止められぬ、地球、人類の宿命なり。 なれば、今の時代を生きし者は、常に己の変革を意識し、変化を繰り返しながら魂を磨けよ。 変革を起こすため、幾...