教育・今すべき事

富士山

教育

教育は全ての者に平等に与えられるものなり。
真の教育は、心を清め、向上することを教え導くことなり。
心の曇りを取り去りて、神、他者に対する感謝の心を養い、心と言葉、全ての基本を教えるが教育の場ならん。
物質社会にては文明も、物質も必要なり。
学問有りてこそ社会も発展す。
なれど、学問向上には、精神向上も必要なり。
ただに地位のため、出世のため、学歴得るための競争にて、階級、順位をつけ、子供の魂曇らせゆく。
今の教育は、神と人との距離を遠ざけるばかりなり。
心を高め、向上し、清めるが教育なり。
今の世にて、真の教育実現すは難しき。
なれど、立て替え立て直し後の次の世にて真の教育必ず取り戻さねばならぬ。
神理に沿った真の宗旨と、教育は一つになるが望ましき。
さなる世必ず実現せしめ、魂、彷徨い病む子ら、光なく悩み苦しむ者に光を与える教育を目指せよ。

2008.4.19

今すべき事

人には魂の段階があり。
今この世、自分の悪に負け、悪事働く者、他者を思いやる心なくす者多く、魂穢れ段階低き魂溢れぬる。
魂穢れ切り、人間の心無くさば、簡単に殺人をも犯すものなり。
親殺し、子殺し、短絡的な殺人後を絶たず、世も末ならん。
立て替え立て直しの改革にて、人の魂を高き魂へと導くが神の願いなり。
魂の向上図るは困難ならず。
人間の心一つで変わりゆく。
常に己を律し、反省し、感謝忘れず、他者への優しさあるなれば、必ずや魂の段階上昇す。
なれば人よ。常に神への感謝と利他愛忘るるなかれ。
己の魂に病を見出す者は、ひたすら神に反省、懺悔を捧げ魂の向上図るべし。

2008.4.21

タイトルとURLをコピーしました