スポンサーリンク

信仰・心の病・病を呼ぶもの

富士山

【この画像をお守りとしてお使いください。】

神様の息吹で結界をつくり、体の冷えを解消し、もし病気にかかっても、回復を早め宇宙のエネルギーを取り入れ、心身ともにヒーリング効果があります。
心配、恐怖の緩和、また場の空気をきれいにする力あります。
手をあててエネルギーを取り込んでください、はじめに何も感じなくても、何度も手をかざしたり触るようにしていると、感じるようになれますよこの写真は印刷してご利用いただいて構いません。
ご家族、お友達に渡したり、家守として飾って場を清めてもよろしいです。
ただ、家守とする場合は、末広がりのエネルギーですので何枚も置かずに、一番人が集まる部屋に1枚だけ飾るとよろしいです。
画鋲ではなく、写真立てを使ってください。神様の文字が使われていますので、どうか大事に扱って頂ければと思います

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】新・人類浄化大作戦!!【メールマガジン】
令和時代をよりよく生きるためのメッセージをお送りします。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

スポンサーリンク

信仰

信仰の方法、形は国によって異なるなり。土地によっても異なるもの。
氏神様は縁ありし神を祀ればよし。されどこだわるなかれ。
神は元一つ。元の初めの大本はスの神なり。
四十八の神、いろはの神と呼ばるる全神の中心におられる神なり。
全神で完全なる一つの神なり。ゆえに神元一つ。
どの神祀りてもかまわぬが、大切なことは心を正し、言葉を正し、素直な心で神を求め感謝を捧ぐる事なり。
たとえ札無きても、神棚無きても、神に通ずる真摯な心あればそれ良からん。
こだわるなかれ。
人は皆生かさるるものなり。
そを神仏、ご先祖に感謝するは人間の道なり。
そもそも今生かさるるは先祖のお陰なり。
畏敬の念を持ち、ご先祖の魂に語りかけ感謝を捧げ、ご先祖の一人残らず成仏して頂くことが子孫にとって一番大切なことなり。
彷徨う霊にはただ、恐れるのみではならず。心を込めて成仏されんと祈るべし。
我が子にはあえて教えずとも神仏に手を合わせ心を込めて祈る親の姿を見せ続ければ自然と子等も親に従うなり。
神仏、先祖を敬い感謝を捧げる家に、親子断絶、子の自殺などありはせぬ。神見守りゆくらん。

心の病

精神病、うつ病増えしは立て替え直しの浄化による事もあるらん。
肉体の問題、心の問題も表面化す。
そを治癒したいと願わば、まず原因を知らずには難しき。
そもそも、うつ病なるは不満の証なりけり。人と比べるなかれ。
よそに目を向けるがゆえの病気なり。
心の苦しみは己自信から生み出されるらん。
つまらぬ欲望、つまらぬプライド勝手に抱き己を追いつめるなり。
精神の病、うつ病患う者に与えられし修行は、心の平安保つことなり。なかなか困難なことなり。
されど、今生かさるること、それのみにても喜びなり。自分のみなぜにこのように苦しきと考える心に魔忍びより、病導くらん。
命あることのみにても素晴らしき事なり。嘆くに及ばず。
人に感謝し、神に感謝捧げ続けるならば必ず平穏訪れるなり。

病を呼ぶもの

神は人が健やかに生きうるため、健康な肉体を与えらるる。
されど、金銭物質に執着し、妬み、恨み、独占欲、怒り、様々の負のエネルギー心に宿し、病気呼ぶものなり。
さにてもさらに金銭物質求めるらん。
神は金銭物質、全く否定するものにはなし。
人間が便利に生きるための文明、金銭、正しきものなりては大いに使い、物質手に入れよ。
されど、人間の欲望限りなく、果ては人の物でも取り上げるものありなん。
我欲にて人を苦しめもするらん。
見かけは正常なりても心の汚れは進み、病となりし。
目に見えぬ病気、治療なかなかできぬなり。
心の病気は肉体の病気となり、警告さるるもあり。
人間関係として表れ警告さるるもあり。
見かけは正常、健康な者の心の病、今進行するらん。はびこるものなり。
心の病気から肉体の病として表面化したるを、肉体の病として治療施すは無駄なり。
薬の毒、身体に溜まりて、さらに悪化し何度も病気くりかえさん。
たとえ薬にて、症状消え、無くなりても、そはまやかしの元気なりて、見せかけの健康。
再び汚れし心に戻るなり。
そを治癒さするは、ただ一つ。己の心、己で見つめ、悪しき心反省し、神に懺悔し、詫びる事なり。
神から離れし魂、神は救いたし。
気づきを与え、浄化の機会を与えたし。
神への感謝、人へのいたわりありなば、必ず心の病、身体の病も癒えるものなり。

タイトルとURLをコピーしました