スポンサーリンク

富士山・力を増すウイルス・家庭

富士山

【この画像をお守りとしてお使いください。】

神様の息吹で結界をつくり、体の冷えを解消し、もし病気にかかっても、回復を早め宇宙のエネルギーを取り入れ、心身ともにヒーリング効果があります。
心配、恐怖の緩和、また場の空気をきれいにする力あります。
手をあててエネルギーを取り込んでください、はじめに何も感じなくても、何度も手をかざしたり触るようにしていると、感じるようになれますよこの写真は印刷してご利用いただいて構いません。
ご家族、お友達に渡したり、家守として飾って場を清めてもよろしいです。
ただ、家守とする場合は、末広がりのエネルギーですので何枚も置かずに、一番人が集まる部屋に1枚だけ飾るとよろしいです。
画鋲ではなく、写真立てを使ってください。神様の文字が使われていますので、どうか大事に扱って頂ければと思います

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】新・人類浄化大作戦!!【メールマガジン】
令和時代をよりよく生きるためのメッセージをお送りします。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

スポンサーリンク

富士山

富士は神の山なり。
神国日本の象徴なり。
世界にただ一つ、神界への入り口、天と繋がりゆく山なりて、ゆめゆめ遊び心にて登るなかれ。
富士にはたくさんの神々おられしが、中には邪神もおられし。
ゆえに清い心にて登りゆけよ。邪心持ち、遊び心で登るなれば、神怒りて神罰下さるるなり。
運動の為と登山も避けるべし。
さらに富士は尊き神地もあれば、呪いたまりし地帯もあるなり。
卑しき思い、卑しき願い、穢れし魂持つものは、容易に祟られるものなり。
人の卑しき行いにて、ゴミの山と化すも、神いたく悲しむらん。
低き思いにて登りなば死をも招くなり。
ならば人は心して神への無礼無きよう登るべし。
富士こそが日本の始めなりて、聖なる山なり。
思い高き者なら、富士に登りてさらに次元を高めよ。人よ。
富士から流れ出る川の小石を拾い持つならば、清き魂の者には守りとならん。
富士の山は神国日本の象徴なり。
神世の時代の名残なりて、ゆめゆめ富士に軽き思い抱くなかれ。
富士は火を噴く山なり。されど、今は力も衰えるが、人が汚れに汚れ、神国日本穢され続けるなば、いよいよとなれば火を噴くやもしれぬ。
されば人はそのような事が無きよう、富士に信仰思いを深め、祈りを捧げよ。
富士に通じしと伝えらるる山あり。そも同じにて神に無礼を働くなりては神罰大きく下るものなり。
人は感謝と祈りを捧げ、畏敬の念を持ち、登山するべし。

力を増すウイルス

今、浄化の光さらに強く、太陽の光、真夏のごとく照りゆかん。
それゆえ、人の弱さ、ことごとく露見し、霊に取り憑かれる者、その姿あらわし、むごい事件、考えられぬ事故起すなり。
されど、浄化は今必要なりこと。
肉体、精神、地上の全ての物禊がれし。
そに絶えうる魂もちて、自らも禊ぎに身をまかせ、素直に受け入れなば禊ぎ終わりし時、魂洗われ輝くらん。
それゆえ、今耐え抜けよ。
己の周囲の家族や隣人に浄化の作用表れしも慌てず、今この時浄化の時を告げよ。
ひそみし病気も表面化するらん。
ひそみし菌も表面化し、新しき菌はびこるらん。
その菌呼びしは人間なり。
菌、ウイルス全てが生きしもの。人間がそを殺菌とやっきになり、薬作りて鎮めはしても、それがさらに次なる強い菌はびこるもととなるらん。
どこまでいっても追いつかず、菌は力蓄え、人間を追いつめるらん。
菌はびこるも人間への警告なり。警告無視して薬つくりても増強し繁殖しゆく。
鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、狂牛病はびこるらば、食す事もできぬ。
さらに植物にも病気はびこりし時、いかにせん。
人間のおごりに対しての警告なりこと、今気付よ。
ひとつひとつの現象に神の意図あるらん。

家庭

人よ。家庭を大切にされよ。
家族はかけがえなきものなり。
男一人、女一人ではなし得ぬ修行、二人手を取り合い尊重し、お互い高めゆくが結婚の目的なり。
ゆえに結婚は修行なり。
ゆめゆめ軽んじて軽き思いにて結婚ならず。軽き思いにて子供作るはならぬなり。
軽き結婚、不幸の子作るらん。
互いが互いを認め、そして子供を持ち、愛おしみ、慈しみ育てゆく。
そがそもそも結婚なり。
本当の夫婦なりは肉親の結びつきより強し。子も幸せなり。
互いを表面のみで判断し、子を先に作りし結婚、そは軽きにて神嘆かれし。
血の繋がりなき男女二人結ばれなば、相手を信じ、どんな時もなにがあっても終生ともにするが約束ごとなり。
まずは家族を慈しみ愛でるなりては、他人にも愛を注げるものらん。
利他愛なるは、家族愛があればこそなりけり。
今は妻が家族を導けよ。
家族の皆が正しき魂持てるように自ら神仏とともに歩いて見せよ。
そしてやがては夫に家族の導き任せるべし。

タイトルとURLをコピーしました