気づくも自分、気づかぬも自分

富士山

気づくも自分、気づかぬも自分

人生は辛き事も多きなり。

なれど、そは、さらに己の人生を良く変化させるための好機でもありなん。

起こる事から目を逸らさず見つめらば、いかに己を変化させるべきや、必ず答え示されん。

己ばかりなぜに苦しきと思うは間違いなり。

人は常に守られ生かされしもの。

差し伸べられし手が必ずあるものなり。

そに気づくも自分、気づかぬも自分。

気づきを得ていかなる時も最善の道を選択するために、魂を浄化するがよからん。

タイトルとURLをコピーしました