この世を作り変えねばならぬ

富士山

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】カミノミヤメールマガジン
令和時代をよりよく生きるためのメッセージや、運命星毎の月運メッセージなど配信します。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

この世を作り変えねばならぬ

地球は、大元の神が作られたる奇跡の星なり。

そして忘れてならぬのは、この地球が無くば人類は生きられぬことならん。

地球も人類と同様に、神の手にて隅々までぬかりなく創られた生命ならん。

地球は人類の大切なる母体なり。

なれど人間の手により地球は汚染され、傷つけられ、地球は熱をだし毒をため、水の循環悪しきなるれば、地球は悲鳴をあげるを、神は人間に繰り返し繰り返し何度も何度も呼びかけ、警告を発せらるるも、人々の心に届かず。

世界中にて激しく地が揺れるも、大洪水や、台風起こるも、火山の噴火も、偶然にあらず。

人類は地球の病むを、手当てするどころか、更に傷つけ地球の痛みに目をむけず、神の声も届かず、便利なる文明の利器に心奪われん。

母体なる大切な地球の悲鳴に耳をかさず、戦争、紛争もいつまでもなくならず、神はこの世を作り変えねばならぬと、決断されたり。

今この時、地球の悲鳴に気づくも、時すでに遅しの感あるなれど、それにても、これから先におこりたる膿だしや、立て分けにともなう痛みに耐え、良き世を築きたしと願うものあるなれば、神は光をあてらるる。

タイトルとURLをコピーしました