スポンサーリンク

一人では生きられぬ・季節風土の食

富士山

【この画像をお守りとしてお使いください。】

神様の息吹で結界をつくり、体の冷えを解消し、もし病気にかかっても、回復を早め宇宙のエネルギーを取り入れ、心身ともにヒーリング効果があります。
心配、恐怖の緩和、また場の空気をきれいにする力あります。
手をあててエネルギーを取り込んでください、はじめに何も感じなくても、何度も手をかざしたり触るようにしていると、感じるようになれますよこの写真は印刷してご利用いただいて構いません。
ご家族、お友達に渡したり、家守として飾って場を清めてもよろしいです。
ただ、家守とする場合は、末広がりのエネルギーですので何枚も置かずに、一番人が集まる部屋に1枚だけ飾るとよろしいです。
画鋲ではなく、写真立てを使ってください。神様の文字が使われていますので、どうか大事に扱って頂ければと思います

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】新・人類浄化大作戦!!【メールマガジン】
令和時代をよりよく生きるためのメッセージをお送りします。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

スポンサーリンク

一人では生きられぬ

怒りは本来自分に向けるものなり。
自分のいたらなさ、狭量さに対し反省を持ち、自分に向けるものなり。
本当の意味での他人に対する怒り、生命を軽んじるもの、人の安全を己の利害にて軽んじるもの、秩序をいたく乱すもの、子や親をないがしろにするもの、そのような行為に対しての怒りなりては、むしろ、その怒りはエネルギーとなりて改善に繋がるらん。
自分は自分と考える風潮強きは、自分を否定するものに対し簡単に恨みを抱くなり。
否定する者あらば、自己を反省、向上さす糧とせよ。
人に恨みを持つなかれ。何がありても人に恨み持つは、その負のエネルギー必ず己に還りて苦しみもたらすらん。
人間はそもそも己が一番大切なり。
されど、一人では生きられぬも事実なり。
親が子を殺し、子が親を殺し、人が人の命を奪いし事多きなり。
さなる世を元に戻すは、立て替え立て直し必要なりし。
毒全て出し切らねば元に戻るは難しく困難なり。
毒出し切るなば新たな良き世あらわるる。
人と人とが協力しあい、助け合わねば生きられぬ世必ず来たる。
一人では生きられぬのが動かぬ事実ならん。
さすれば人を大切に愛を持って生きるべし。

季節風土の食

人が人として体、心を健やかに保ち生きるためには、その国の物を食せよ。
さらに自分の生まれ育ち生活の場なる土地の物食せよ。
身と土地は別々の物ではなき。
その土地に湧く水を飲み、その土地に育ちし食物を食べるなりは、健康な心と体を作るもとなり。
国、地方の国土、風土を無視してはならず。
現代は外の国からの輸入もありて便利なるが、知らず知らず体病むものなり。
季節も無視され、どの食物どの季節に食すべきか知らぬ者も増えゆくなり。
人の心と体には風土の中で育ち季節の物を食するが一番なり。
栄養与え、心を鎮め、毒を消し去るなり。
いつでも何でも食せるは宇宙の理に反する事なり。
とは言え、このようにどの季節にても何でも食せる世、せめて国の物、地元の物を取り入れよ。
少しだけからなりても季節風土に見合う生活をするべし。
そのうち、いかにそが大事か大切なことなりかを必ずや気づくなり。

タイトルとURLをコピーしました