神代の文字に宿る日本人の神性

富士山

神代の文字に宿る日本人の神性


神代のその昔、建国のはじめにすでに文字あり、建国の理念あり。

神が文字を作られ、人々と交流を図られ民に文字の書き方、読み方を指導されん。

日本の言葉は独特にて、他のどの国にもない美しきて雅さありなん。

一つ一つの文字は、宇宙を構成する五元素の母音として含まるる稀なる言霊なり。

その一言一言に、一文字一文字に神の御意図込めらるる。

神代の言葉は、日本の国の教えなり。なれば神代文字を読みとけば隠れし歴史も神の世も理解できようぞ。

人間の過ちの元、そは言葉を乱したることならん。

物質世界のみにどっぷり浸かり、特に日本の戦後、時が経つに連れ言葉も汚れ、他者に平気で吐く汚き言葉、意味なき省略、一見平和と見ゆる、この日本その中にて雅なる心失うばかりなり。

本来地球は神が降り立ち人と共に生きる場所ならん。

そもそも神と人とは元ひとつなるに、神も予期せぬ人の我欲の強さ、人は神から離れ、神はすでに遠い昔からこの地球から天へとお帰りになりにけり。

人が言葉の波動乱しに乱して地軸までも狂わす今この時、神代文字を学び直し、日本の歴史の真実を知り、日本人とは何ぞやを悟るべけれ。

タイトルとURLをコピーしました