スポンサーリンク

注連飾り・国旗

富士山

【この画像をお守りとしてお使いください。】

神様の息吹で結界をつくり、体の冷えを解消し、もし病気にかかっても、回復を早め宇宙のエネルギーを取り入れ、心身ともにヒーリング効果があります。
心配、恐怖の緩和、また場の空気をきれいにする力あります。
手をあててエネルギーを取り込んでください、はじめに何も感じなくても、何度も手をかざしたり触るようにしていると、感じるようになれますよこの写真は印刷してご利用いただいて構いません。
ご家族、お友達に渡したり、家守として飾って場を清めてもよろしいです。
ただ、家守とする場合は、末広がりのエネルギーですので何枚も置かずに、一番人が集まる部屋に1枚だけ飾るとよろしいです。
画鋲ではなく、写真立てを使ってください。神様の文字が使われていますので、どうか大事に扱って頂ければと思います

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】新・人類浄化大作戦!!【メールマガジン】
令和時代をよりよく生きるためのメッセージをお送りします。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

スポンサーリンク

注連飾り・国旗

元旦迎えるもあと数日なれど、最近は、注連飾り、国旗も飾らぬ家多かりなん。

注連縄は新しき年の神を迎えるに必要なり。

国家国旗は、日本の国民は神に一番近しき子孫なりて神と縁深き民族なるを示すものなり。

そを侮るものは、神を否定し、己を貶めることとなりにけり。

日本の古くからある風習が、段々と人々の心から消えゆくは大和魂が失われ、日本国そのものが危うきなり。

昔は、お正月には注連飾りを飾っていない家はなく、国旗もきちんとでていました。

日本の古くからある風習には意味があるのです。

日の本の国日本、その象徴の国旗をだしている家はほとんど無くなってしまいました。

歴史にこそ残っていませんが、日本は大元のスの神様が、一番最初にお作りになられた国なのです。

クニトコタチ様からアマテラス様へ、そして人間天皇の神武天皇様へ、そして、今の天皇家まで長い長い歴史を持っている国なのです。

どんなに文明が進もうと、日本人の心を失ってはならないのです。

アマテラス様の時代はそこそこ水田耕作も発達していましたが、それと同時に人間の我欲が強まってきた時代です。そこで三種の神器が必要になりました。

ただ法律だけではだめで、時に人を罰し、場合によっては刀も使い刑を与えなければならないようになりました。

アマテラス様はお嘆きになり、クニトコタチ様の時代が羨ましい、ただ、人を思いやり、手を取り合って生きるというような、そのような法律だけで、神と人々が信頼し合い生きていた時代、そのようになりたいものだと切に思われたのです。

今の天皇陛下もそのように思われているのかもしれません。

私たちは今、日本人の心の奥に眠っている神様の存在を思い出さなければならないのです。

タイトルとURLをコピーしました