2020-10

記事

戦争と同じ・神の子

戦争と同じ 戦争なるは、尊き人間の命を奪う、その名の下に公然と行わるる大量殺人なる最も恐ろしきことなり。いかに戦争に大義名分を掲げたとて人の命奪う殺人に違いなき。戦争は神の御意図にあらず。神のなさせし事にはあらず。戦争も、日毎新聞、...
記事

来る年 その1

来る年 その1 2020年、世界中に厄災をもたらしたる新型コロナウイルスはワクチンや、有効な治療も発見され、とりあえず収束の兆しありなん。 なれどこの未知のウイルスが流行った意味、警告を、人々が悟らねば更に強きウイルスにて再び...
記事

個性・便利さと不便利さ

個性 神とは何ぞや。神とは宇宙のはじめから、この宇宙全てを支配する、偉大なる存在なり。神なくして宇宙存在せず。当然、人間も神の存在なくして存在せず。さなりて神に感謝し、神に心を合わせ生きるべし。神は光なり。大いなる慈愛溢るる光なり。...
記事

元ある姿・真価

元ある姿 日に日に太陽の光鮮やかに強くなりゆく。浄化の光なり。地上浄化さるらば魂曇りし人間住みづらく、身体と心に隠れ潜みし病、穢れ、表面に表るる。さなる時こそ、浄化の光を有り難きと感謝し、しっかりと己取り戻せよ。己の心見つめ直すべし...
記事

災害からの学び・最悪の事態を避けるため

災害からの学び 日本や世界に地震、災害相次ぐなり。そを他人事と考えず、無駄にするなかれ。災害は人の生活を根本から覆す。されど、その中にも光あり。人はそを無駄にするなかれ。災害起きし時、人は助け合うなり。助け合わねばならぬなり。能登半...
記事

助け合い・悪き波動

助け合い これから先、何が起きても不思議になし。地震も起きれば、火山の爆発もあり。大雨の被害もあり。どこに起きようとて、そは我が身に降りかかりたるも同じ事なり。決して、自分は災害事件には遭わぬなどと他人事と考えるべからず。まずは災害...
記事

修行・心に響かずば意味はなし

修行 今この時期大切なるは、人との和、取り戻すことなり。人と人との絆弱くなりしは、物質文明のもたらす影なり。物質溢れ、次から次へと興味をそそる事により、人への興味は次第に薄れゆく。されど、物質、金銭にて人は満たされぬものなり。一人で...
記事

つみびと・うみだし

つみびと 人は皆々弱きものなり。罪人なり。皆々表面、社会にて罰せられずとも多かれ少なかれ罪犯すものなり。己が気付かぬ罪もあるらん。親殺し、子殺し、理由無き殺人、自殺。親の命絶つは一番の罪。自殺も重き罪。人の命絶つもそれぞれ許し難き罪...
記事

みせかけの平和・人を信じよ

みせかけの平和 日の本改革近くなりし。されど日本は表面穏やかなり。暖冬もあって尚更に人々の心、危機感薄れゆく。事件事故は相次ぎ起こるなれど、荒ぶる現象になれし人々、大抵の事なら2,3日もすれば忘れ去る。今の情勢普通になき事を、世情に...
記事

変化を繰り返す時代

変化を繰り返す時代 今年は新コロナウイルスという未知のウイルスに、翻弄された日々でした。 人の動きが止まり、経済も悪化し生活も一変しました。 失業者は増え、年末に向けても失業される方はさらに増えてしまいそうです。 ...
タイトルとURLをコピーしました