修行・心に響かずば意味はなし

修行

今この時期大切なるは、人との和、取り戻すことなり。
人と人との絆弱くなりしは、物質文明のもたらす影なり。
物質溢れ、次から次へと興味をそそる事により、人への興味は次第に薄れゆく。
されど、物質、金銭にて人は満たされぬものなり。
一人では生きてゆけぬものなり。
物質に溢れ、苦労無きは一見幸せに見えるなれど、現実は不幸なり。
人間としての修行できぬゆえ。
あの世に行きし後の修行、困難なものとなりし。
己を高めんと努力せぬものはそれなりの神罰与えられ、老後惨めになる者多き。
自らを反省せぬ者も同じなり。
人は間違い多き生き物なり。
その間違い認めず、他人ばかり責め立て非難する者、自分の間違いを人のせいにする者、神は許さず。
たとえ、この世にて許されしも、いつか神罰下されん。
その事よくよく心に留めおいて、己の精進、修行に努むるべし。

2007.3.24

心に響かずば意味はなし

立て替え立て直しの現象、段々と本格化するなり。
人間の知恵にて生まれし核は便利なり。
人間は便利なるもの作り出すが、そは悪と裏表なり。
電気が無くば今や生活できぬものなり。
されど一歩間違えば命取りともなろう
温暖化を危惧するもの段々と多くなり、活動始める者もあり。
そは良き事なれど、今人にとって重要なりし事は魂の浄化、向上なり。
今地球の危機なり。
地球の危機なるは地上に生きし万物全ての危機なり。人間の危機なり。
いかに文明発達せんとて清き心なきは悪を生みだすらん。
温暖化の危機を訴える者ありて、マスコミに取り上げられても、まだ人ごと。
まだ自分の利益のみを考える者も多き。嘆かわしきかな。
今日発生したる地震は地震にておきうる現象全ておきしもの。
津波、液状化、山崩れ。崖崩れ。
されど、まだ始まりなり。
さらに地震大きくなりしか否かは人間一人一人にかかりしものなり。
日本はまだまだ守られし。
太古の遙か昔より多勢の神々、日本を守り続け、神に最も近き民族なる日本の人々に、世界の要となり平和へと導く事を望まれる。
されど、いかに神の心を伝えしも人々の心に響かずば意味はなし。
この今の人間の危機を自分の事と真摯にとらえ、神のもとに急ぎ集まれよ。
立て替え立て直しの現象荒ぶる前に。

2007.3.25

タイトルとURLをコピーしました