2005年神示

平成17年5月4日の神示

平成17年5月4日の神示 日本はだんだんと混乱の世に入る。これは、神仕組み。天の定めにより避け難し。時はすぐに来たり。 それでも、まだ自分の身には振りかからぬとのん気に構える国民大勢いるなり。賢き者は神の声を直接聞かずとも、こ...
2005年神示

平成17年5月3日の神示

平成17年5月3日 人々に伝える事は古代は神と人とが交信し、全てを神に委ねて生活していた事。人間の肉体はただ借り物で、自分で生きているのではなく、生かされている事。苦労も、病気も全てが神仕組みである事。天皇不在では日本は成り立ちえな...
記事

成長と成熟こそ今を乗り切る手段

成長と成熟こそ今を乗り切る手段 人々は今忍耐の時にあり。これまで人々は、忙しく忙しく走り続けたるれど、ここにきて、その生活は一変し、心は揺れ、不安も恐怖もつきまとうなり。 なれどこの自粛の時を、急ぎ過ぎたる人間にとりて、立ち止...
記事

昇華の時きたる

未知のウイルスにて世界中が翻弄されん。 なれどこの出来事は人類が変革をするための、ひとつのきっかけならん。 人が作りたる文明の利器の中にある、この世にあってはならぬもの、例えば核、原子力、そを手放すは容易にはできぬことなり。 ...
記事

金銭物質は魂を磨く手段

神は人間に、神の分け御霊と、肉体、更に他のどの生命より優れし知能、言葉を与えらるる。 あの世は想念のみの世界なれば、肉体ありてこそ可能なる、文明を作り修業し魂を磨くを望まれん。そは神にも不可能なり なれば金銭、物質は悪にあらず...
記事

この世を作り変えねばならぬ

この世を作り変えねばならぬ 地球は、大元の神が作られたる奇跡の星なり。 そして忘れてならぬのは、この地球が無くば人類は生きられぬことならん。 地球も人類と同様に、神の手にて隅々までぬかりなく創られた生命ならん。 地...
記事

日本国は、神の守りの強き国

日本国は、神の守りの強き国 日本は神の国なり。 阪神大震災、東日本震災の被害も日本国は他国に比べらば守られたり。 日本の国民にせば、東日本大震災もその後におきたる台風も洪水も大難なり。さにても神の守りありて、被害抑えられ...
記事

混乱の時の在り方で立て分け振り分けられる

混乱の時の在り方で立て分け振り分けられる 人に寿命あるように、地球にも、寿命あり。地球も生命の一つなればなり。 人間は、著しく地球の寿命縮めるなれば、このままにては罪なき他の生命を満ち連れにして、人間も、地球も滅びゆく。 ...
記事

日本人は世界の手本とならなければならない

日本人は世界の手本とならなければならない 波動、それは全ての元なり。波動にて言葉もうまれる。 波動衰えるれば命も失われん。 いまこの世は、不安、恐れ、心配の波動にて覆われ、ウイルスと同じように伝染し、さにてウイルスも広が...
記事

食を変え、己を変える

食を変え、己を変える 今己を変えねばならぬ。己を変えるその一つは食の改善なり。 豊食の時代、大量生産、大量消費のために、農薬や薬、化学物質等様々な添加物や毒素使用さるる食あふれ、人はそを知りつつも、口にせん。 さにて人も...
タイトルとURLをコピーしました