神話の真実に迫る

神話の真実に迫る

神話の真実に迫る32・33

神話の真実に迫る・その32 イサナギの弟の、クラキネの嫡子とも臣下であったともされているシラヒトは、クラキネの娘クラコヒメと結婚したものの、側女から妻となったサシミメと不倫関係となり、妻のクラコヒメには感づかれ、タミの目も誤魔化せな...
神話の真実に迫る

神話の真実に迫る29・30・31

神話の真実に迫る・その29 アマテルには、姉と弟が二人がおられました。 次男のツキヨミは宮崎市阿波岐原、今の江田神社付近で誕生され、両親の期待も大きく、アマテルに続けと、ヒタカミの祖父トヨケのもとで兄アマテルと一緒にアメノミチ...
神話の真実に迫る

神話の真実に迫る27・28

神話の真実に迫る・その27 お話は少し前に戻ります。16才の時から長い間、ヒタカミのヤマトミヤで祖父のトヨケを師として学んでこられた天子(アメミコ)が帰還されました。フタカミをはじめ諸臣、タミは大喜びでした。お迎えするための新宮を何...
神話の真実に迫る

神話の真実に迫る24・25・26

神話の真実に迫る・その24 イサナギ、イサナミをはじめ、トヨケ、すべての人の希望を一心に背負い誕生された御子はイミナをワカヒトと名付けられました。 ワカヒトの外祖父である五代目、タカミムスビのイミナ、タマキネのトヨケはヒタカミ...
神話の真実に迫る

継子ワカヒトの誕生

継子ワカヒトの誕生 長年待ち望まれていた継子が誕生し、トヨケ、イザナギ、イサナミ、諸臣、民の喜びはひとしおで、ヨロトシ(バンザイ)ヨロトシ(バンザイ)の声となり、国中に広がっていきました。 国中の期待を一身にあびて、誕生された...
神話の真実に迫る

神話の真実に迫る21・22・23

神話の真実に迫る・その21 イサナギイザナミの、フタカミの努力は実り、豊かな1500の村落をつくりあげました。 もともとあった村落を入れると3000に及びます。 その村落ひとつひとつに代表者であるムラヲサ(村長のようなも...
神話の真実に迫る

真実の神話に迫る・六代アマカミの時代の補足

真実の神話に迫る・六代アマカミの時代の補足 六代アマカミオモタル様の時代にお話しを戻してみます。 クニトコタチ様の8人の皇子トオカミエヒタメのなかの、長男ヱノミコトが二代目クニサツサ(国の代表)となられましたが、亡くなられ、弟...
神話の真実に迫る

神話の真実に迫る18・19・20

神話の真実に迫る・その18 時は流れ六代アマカミになられたのは、オモタル、カシコネのフタカミです。 その頃は中央集権政治の基盤が確立した時でした。 中央の都はヲウミ(滋賀県)に置かれていました。 オモタルの時代思わ...
神話の真実に迫る

神話の真実に迫る16・17

神話の真実に迫る・その16 三月三日にコシノクニノヒナルタケノカンミヤと呼ばれた場所で日本はじめての結婚式が行われたのです。 それは現在の福井県武生市南城町の境界あたりにある越前富士といわれる日野山の日野神社あたりのようです。...
神話の真実に迫る

神話の真実に迫る14・15

アマカミの家系について ミナカヌシ(はじめての人間)↓クニトコタチ(日本を建国した初代アマカミ)↓クニトコタチの八人の皇子(トホカミエヒタメ)ヱ ヲウミヒ 不明タ 東北地方 ヒタカミと呼ばれるクニメ 不明ト 富士山南麓ホ 不明カ 中...
タイトルとURLをコピーしました