まことの祈り、ひふみといろは

富士山

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】カミノミヤメールマガジン
令和時代をよりよく生きるためのメッセージや、運命星毎の月運メッセージなど配信します。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

まことの祈り、ひふみといろは

神棚も、神への感謝、畏敬の念をもち日々心から祈ることに意味ありなん。

ただ形式のみの、神棚、仏壇ならば、神喜ばず。

形のみに手を合わせるだけならば、神棚も仏壇もただの飾り棚にしかならぬ。

今ここに己あるは、すべて神と先祖のお陰なり。

そのことを決して忘れず、立派な仏具や、立派な神棚より、誠をもって祈るその姿をこそ神は認めらるる

ひふみ祝詞、いろは祝詞を声高々に唱え、祈りにてこの世を清めるべけれ。

言霊の浄化の力は強かるればこの世の平和を願い、いのるべけれ。

「ひふみ」と「いろは」の祝詞は神に通じる言霊です。

ゆっくりと一音一音丁寧に伸ばしながら唱えれば、呼吸も深くなります。

神様に届ける意識を以て音に集中し、余計な事を考える事が無くなれば瞑想状態に入り、心身に神氣が流れます。

できれば毎日、神様に意識を向ける時間を作って続けることが理想です。

継続は確実に力となります。しばらく続けていれば自分自身の変化を実感できます。

もし、できない日があったとしても、そこであきらめてやめてしまわず、また始めれば大丈夫です。

祝詞には深い意図が篭められているそうですが、その意味は分からずとも、丁寧に唱えることが大切です。

いろはにほへと ちりぬるをわか よたれそつねな
らむうゐのおく やまけふこえて あさきゆめみし
ゑひもせすん。

ひふみ よいむなや こともちろらね
しきる ゆゐつわぬ そをたはくめか
うおえ にさりへて のますあせゑほれけん

いずれも、姿勢を正して、全身の力をゆるめ、一音一音ゆっくりと伸ばしながら唱えてください。

タイトルとURLをコピーしました