常に調和が肝腎

常に調和が肝腎

物事は常に調和が肝腎。

怒り過ぎの者には、優しさが必要なり。嘆き悲しむ者には、強さが必要ならん。

急ぎ過ぎの者は、落ち着いた行動が求められ、遅すぎる者はまずは今できる事に取り組まねばならぬ。

調和を図るには、常に神の視座にて物事を見るがよからん。

己の中の神は、己の問いになんと答えるや。

神と共にあるなら、答えは必ず見出せん。

調和が取れし時こそ、運も能力も開きて、幸せ呼び寄せん。

そは陰陽によりて運行す、宇宙の摂理と知るがよからん。

タイトルとURLをコピーしました