免疫力を上げるには3・4

富士山

免疫力を上げるには・3

人間の欲は止まることを知らず。
便利さを追求するがゆえに、現代人は弱き身体となりにけり。
火水は神なり。
火と水の大切さを知るがよけれ。
火水は、人、自然を浄化せしめん。
電気も便利なものなれば、有難く使えばよけれ。
なれど、火が家から消え去りぬれば、浄化力失いて魂穢し、病呼ぶ元ともなるぞ。
せめて料理は電気に頼らず、火を用いるがよけれ。
水道水も本来の水の役割果たせぬなり。
人の身体はほとんどが水なれば、清く生きた水を飲まねばならぬ。
日本はそもそも水に恵まれた国なるに、何故に水の役割封じるや。
火水を大切に為せば、身体も温まりて病にも対抗し得る免疫力も養われん。
火水は神なり。火水の役割生かすが肝心ぞ。

2009.1.9

免疫力を上げるには・4

火水は神なり。
なれば、火水を大切にする心失えば、神への感謝もまた失いゆくなり。
火は神の光を集め寄せ、燃やすことにて穢れ汚れを浄化せしめん。
水は火を以て浄化しめたるものを流して禊ぐものなり。
火の力は強く、火にて熱した食物は体を温め血液の循環促さん。
水は体の毒素排泄し、浄化せしめん。
体を温め、病に対抗し得る免疫力養うには火を用いることが欠かせぬなり。
風邪、インフルエンザ決して悪ではなし。
風邪、インフルエンザにかかりたれば、それにより体は浄化され、免疫力も高まりゆくものなり。
なれど人は、さなる病に対して、薬や予防薬にて浄化の機会を失いて、かえりて免疫力を失いたるなり。
さなれば、薬の効かぬ新種の病にも対抗できず、脅えることとなりにけり。
風邪は一つの浄化作用なるぞ。
くしゃみも鼻水もせきも痰も熱も、己の体の毒を排出し、生命を保つための現象なり。
薬にてさなる作用を抑えれば、毒は溜まりて魂穢し、弱き体となりゆかん。
火と生きた水用いた愛情篭りたる手料理食し、いつも笑顔にて、神仏や周囲の人々、環境全てに感謝捧げ生きれば、体温高まりて、病にも打ち勝つ免疫力養われるものなり。

2009.1.11

タイトルとURLをコピーしました