転生・生かされし

富士山

転生

人は神より肉体を与えられし。
肉体持つゆえに心もあり。
なればこそ、修行しやすきものなり。
肉体はやがて衰え死を迎えん。
なれど、また転生を繰り返すなり。
清く美しい位高き魂にて生まれしも、この世において魂穢さば、あの世にて厳しき禊ぎありて、生まれ変わりし時には低き位の魂となり、さらに厳しき修行を課せられん。
なれば、肉体ある今、できる限り清き美しき魂と為さねばならぬ。
生は一度と思うなかれ。
今生での行いは来世に全て表るる。
決して己の魂自ら穢すなかれよ。
魂を美しく保ち、よりいっそうの精進を行うが人の道なり。

2008.9.5

生かされし

人よ。天を見上げよ。
日々変わりゆく天の様。
当たり前の風景にても、厳かなる心持ちて天を仰げば崇高、神秘、美しく不思議なり。
自然の恵みありてこその生命なり。
天ありて大地あり。
自然全ては良きに図られたるものなり。
暑き土地には暑きを好みて、暑きに耐える植物、動物、人種あり。
寒き土地には寒さに耐える植物、動物、人種あり。
全ては神のお仕組みなり。おはからいなり。
心清らに地球、生命の不思議に思いを馳せよ。
何事も都合良く仕組まれ、全ては循環の中にあるものを、宇宙の循環乱し離れんとするは人間のみ。なぜに気づかぬ。
人は宇宙循環の中に生かされしことを悟れよ。
循環に抗いて自らを貶めるなかれ。
神の意に乗り、流れに沿いて離るるなかれよ。

2008.9.7

タイトルとURLをコピーしました