記事

自立とは

自立とは 人の持つ創造の力を曇らせるは、依存、責任転嫁なり。 人は助け合い、補い合い生きるもの。 さにて世界に正氣が循環す。 なれど、さなる循環は、己の足で真っすぐに立ち、地に足を着け、己の人生に責任を持ち生きる者...
記事

正直者が得をする

正直者が得をする 誠実に生きよ。 いつも心に神を思い、真の道徳を養いて人に接するがよからん。 周囲に邪気強き者多きならば、そは己自身の在り方を変えねばならぬ。 ゆめゆめ邪気に同調するなかれ。 呼吸を整えるも大...
記事

立直しを急げ

立直しを急げ 立て替え立て直しが進み、人には次から次へと難題が降りかからん。 なれど、全ては地球と人の進化のため必要なことなり。 人が知恵を出し、補い合い向き合えば、全て解決に向かわんとす。 大切なるは、立て替え立...
記事

人のために生きて強くなる

人のために生きて強くなる 人よ。迷うなかれ。 己の存在を否定するなかれ。 己の中の悪と向かい合った時、己を貶めるなかれ。 己の中の悪に気づかぬ者も世の中多し。 また、気がつきても改むることなく、魂穢す者も多き...
記事

文明と精神のバランス

文明と精神のバランス 文明発達するは良き事なり。 神は人間が健康で心豊かに生きられるよう、十分な食料と自然とを与えられし。 本来文明は人間の心を豊かにするものなり。 そを間違えしは人間の愚かさらん。 物質も金...
記事

平和を望むなら

平和を望むなら 人は許しの心を養わねばならぬ。 新たな世へ移行せんとする今、そを阻むは人が人を許さぬ狭量さなり。 許さぬ心は己の気をせき止め、宇宙との同調を妨げん。 今は地球の危機の時。人類の危機の時。 人同...
記事

争いを捨て多様性を認める

争いを捨て多様性を認める これより先、人類が立て替え立て直しを乗り越えるには、人と人との調和、協力関係が不可欠ならん。 人が争いを捨て、皆々認め合い、補い合わば、人類が抱える全ての問題は解決せん。 未だ、人同士、国同士の...
記事

人類が抱える業・カルマ

人類が抱える業・カルマ 神が人に求めるは、ただただ正しくあることなり。 なれど己の正義をただ貫くが正しさとは限らぬ。 正義も行き過ぎれば悪となることもあり。 正しさがぶつかり合いて争いになるは本末転倒なり。 ...
記事

波動を高める

波動を高める この世に起こる事象、事件、事故、悪しき出来事、重なり起こる日ありなん。 さなる日は、波動悪しきて、人の心も乱されん。 この世の万物事象すべての大元は波動なり。 己の波動衰えなば、その時命も絶えんとす。...
記事

数にも魂あり

数にも魂あり 神は人に文字や言葉の恵みのその他に、数、数字、さらに計算方法も伝えらるる。 科学者は神に遠きと見えて実は神の世界に近づく者達。 数学者は、意識無意識に神の世界に入り込まん。 数にも魂あり。 宇宙...
タイトルとURLをコピーしました