スポンサーリンク

あえていばらの道へ・食を正せよ・人の能力は平等

富士山

【この画像をお守りとしてお使いください。】

神様の息吹で結界をつくり、体の冷えを解消し、もし病気にかかっても、回復を早め宇宙のエネルギーを取り入れ、心身ともにヒーリング効果があります。
心配、恐怖の緩和、また場の空気をきれいにする力あります。
手をあててエネルギーを取り込んでください、はじめに何も感じなくても、何度も手をかざしたり触るようにしていると、感じるようになれますよこの写真は印刷してご利用いただいて構いません。
ご家族、お友達に渡したり、家守として飾って場を清めてもよろしいです。
ただ、家守とする場合は、末広がりのエネルギーですので何枚も置かずに、一番人が集まる部屋に1枚だけ飾るとよろしいです。
画鋲ではなく、写真立てを使ってください。神様の文字が使われていますので、どうか大事に扱って頂ければと思います

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】新・人類浄化大作戦!!【メールマガジン】
令和時代をよりよく生きるためのメッセージをお送りします。

※不定期発行の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

スポンサーリンク

あえていばらの道へ行け

人よ。苦労を悲しむなかれ。避けるなかれ。
病、貧困、挫折、事故、別離。
人の苦しみ様々なれど、気づきとなり、禊ぎとなるらん。
最も辛き病にても、人の親切、献身、苦しみ知る糧となりぬる。
事故ありしは、命の大切さ、安全の大切さわかる術となりぬる。
金無くば、その時はじめて周りの人間の意図わかりし。
不幸の中にも必ず気づきあるらん。
人よ。苦労を避けるなかれ。あえていばらの道を歩けよ。
心の汚れ取り去る最も良き修行なり。
様々な経験ありて、はじめて高みに行けるなり。
己の中の悪と闘うも修行の一つなり。
神の禊ぎなき者、一人なりとも存在せぬもの。
神は皆に平等なり。間違うなかれ。
禊ぎは不幸のみになし。
神への感謝を忘れず、先祖を敬いて、人への優しさに溢るる者ならば、神は無駄な苦労与えぬものなり。
苦労多き、不幸多きと嘆く者は神への感謝も人への愛も足りぬゆえなりこと、早う気づけよ。
人の心は弱く脆いものなり。
苦境の時ほど、自分を嘆き、人をうらやみ、神をも恨む者あるらん。
されど苦境の中にても、己の心見つめ、反省し光り見つけるなりては、神必ずや救いあげらるる。

食を正せよ

人よ。天を見よ。雲を見よ。山を見よ。海を見よ。
光ありて、水ありて、火ありて、そを当たり前と思うべからず。
その不思議さを思わば、神の存在、自然に感ずるものなり。
神は人間の生命維持に必要なるもの全て与えられし。
神が与えたもうた食べ物は、その国々の風土において、健康を維持し、毒素を排出し、さらに心を健全に保つものなり。
昔ながらの言い伝えの中に神の教え、残りしものあり。
されど、今の世乱れに乱れ、毒にも薬にもならぬ食材多きなり。
新年にあたり、まずは食から改めよ。
本物の塩、本物の水、本物の食材。
世の中には神の教えを身体で感じ、本物の食材作りし者、その土地その土地に少しは残されるらん。
地産地消なること、それもよからん。
季節ごとに旬の料理を心を込めて家族に振る舞いなば、それだけでも家族関係良きものとなるなり。
食の乱れは心を病み、健康を害し、さらに愛通わぬ食べ物食し、子の心蝕まれん。
人が食するは命の源なり。
そをないがしろにするべからず。
四季折々の本物の食材を愛を込めて料理したるは薬となりて、病も治癒するなり。
野菜も道具にて切るになく、手で切るべけれ。
何をするにつけ便利な世の中なり。
されど、そが害を呼びし事気づくべし。
便利な物は有効に使えばよし。されど料理はできうる限り愛のこもりし手を使うべし。
料理は栄養を与え、力となるのみになく、愛のオーラも与えゆくなり。
疲れし身体と心、癒す役割あるらん。
まずは食を正せよ。
旬の物を心を込め家族、また隣人に振る舞うべし。

人の能力は平等

人よ。神のもとには皆々平等たることよくよく心にとめおけよ。
この世に生まれし時、皆美しき清き魂にて生まれ出づる。
そを穢すは一番に我欲なり。妬みなり。
人は皆、平等たるらん。
ただ、人はそに気づかぬのみ。
己、人より劣りしと思うも間違いなり。
己、人より優るると思うも間違いなりき。
人はそれぞれお役割違うものなり。
絵を描けるもの、文字うまきもの、音楽に秀でるもの、料理を作るお役のもの、様々なり。
神は様々なタイプの人間を作られし。そは個性なり。
一生を通じ比ぶれば、一個人のなし得ること皆々同じなり。
一芸に秀でなば、目立つにはあるが、地味ではありても全ての能力がほどほどに揃いしものもあり。
ゆえに人と比ぶるなかれ。
人と見比ぶるゆえ、己を恥じ、さらには憎悪、嫉妬なる悪心湧き起こるなり。
人と比ぶる必要なし。
個々に御役、能力を等しく与えらしものなり。
つまらぬ感情にて魂穢すなかれ。己見失うなかれ。
魂穢し、曇らすなかれよ。
人より、己劣ると思うなかれ。
人より、己秀でると思うなかれ。
天才と呼ばれるものにも欠陥あるらん。
人はすべからず平等な能力を与えられしものなり。
己悔やむべからず。

タイトルとURLをコピーしました