スポンサーリンク

ゆるめて自然体で生きること

富士山

【この画像をお守りとしてお使いください。】

神様の息吹で結界をつくり、体の冷えを解消し、もし病気にかかっても、回復を早め宇宙のエネルギーを取り入れ、心身ともにヒーリング効果があります。
心配、恐怖の緩和、また場の空気をきれいにする力あります。
手をあててエネルギーを取り込んでください、はじめに何も感じなくても、何度も手をかざしたり触るようにしていると、感じるようになれますよこの写真は印刷してご利用いただいて構いません。
ご家族、お友達に渡したり、家守として飾って場を清めてもよろしいです。
ただ、家守とする場合は、末広がりのエネルギーですので何枚も置かずに、一番人が集まる部屋に1枚だけ飾るとよろしいです。
画鋲ではなく、写真立てを使ってください。神様の文字が使われていますので、どうか大事に扱って頂ければと思います

ランキング

いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願いいたします。

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

メールマガジン

【無料】新・人類浄化大作戦!!【メールマガジン】
令和時代をよりよく生きるためのメッセージをお送りします。

※不定期発行(週1回~2回)の無料メールマガジンです。

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

※登録後確認のメールが送信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いが無いか、迷惑メールフォルダに格納されていないかご確認ください。
※携帯電話キャリアのメールアドレスをご利用の方は、パソコンからのメールについて受信できるように設定してください。

スポンサーリンク

※2012年発行『神様の警告』より

ゆるめて自然体で生きること

自己を反省し、縁ある者に感謝し、神全てに感謝し、ご先祖に感謝せよと伝えるべし。

自分自身を反省し、人として成長を図ることは魂を浄化することそのものと言えます。

これは文章で書くと簡単なのですが、現代人にとって反省はとても難しい苦手な事になってしまっています。

身も心もガチガチに固まってしまっていて、自分の頑なさを認めることができず、反省もできにくくなってしまっているのです。そのせいで神様からのお導きも上手に受け止められなくなり、悪循環を起こしてしまっています。

現代人は緊張して冷静な状態ではなくなっていますので、自分自身の欠けを認め、受け入れ成長し、宇宙のエネルギーを正しく受け止めるための第一歩として、まず体をゆるめる努力をしてみてください。

最近は体をゆるめることの重要性がかなり知られてきました。

心と体は繋がっていますから、体をゆるめることは心をゆるめることの助けにもなります。

人はリラックスして力が抜けている状態でなければ本来の能力を発揮することができません。立て替え立て直しでは人の本能を呼び覚まし、本来有るべき姿への進化を促されますので、そのためにも心と体をどこまでもゆるめていくことが課題の一つとなります。

現代人の忙しい毎日ではなかなか難しいことではありますが、少しでも意識してみてください。

心と体をゆるめる方法は調べてみればたくさん出てきます。

ゆるめることを意識した体操、運動、各種セラピーなどを探して生活の中に取り入れてみてください。

体が柔らかくても頑固な方はいらっしゃいます。これは、体を曲げたり、足を広げたりする部分の筋肉が伸びていても、体の深部が緩んでおらず魂がいびつで、やはり頑なな状態です。ですから目に見えて体が柔らかいことと、体がゆるんでいることとは似て非なるものかなと思います。

わかりやすく心と体がゆるんでいることを表現できる言葉は『自然体』でしょうか。

肉体的には安定した下半身の土台の上に、凝りも無く、力むことなく上半身が乗っていて滞りなく気と血が巡っている状態です。

精神的には我意に固執せず、人に優しく接し、人の考えを受け入れ、冷静に自分自身を見つめ、さらなる成長を図ることができる状態を、真の『自然体』と言うのはないでしょうか。

ただ単に自分が自分の思った通りにわがままに生きることが『自然体』ではないのです。

神様の仰る『反省』をするには、『ゆるめて』『自然体』であることが必要であることを知って頂ければと思います。

自分は身も心も十分柔らかいと思う方も、人が人である以上ゆるめていく余地は必ずありますから、どこまでも、どこまでもゆるめてください。

心身がゆるむほどに、抱えている悩みの多くは悩みではなくなり、解決していくはずです。人に優しく接し心をゆるめ、同時に体もゆるめる作業をどこまでも続け、真の『自然体』を目指すことが、人生の課題と言えます。

心身が固いと、魂が歪となって、たくさんの邪気にも覆われてしまい、本来の姿ではなくなってしまいます。心身をゆるめることで、その邪気が剥がれていき、本来の丸い美しい魂に戻ってきます。

美しい魂を取り戻し、宇宙の気を上手に取り入れることができれば、人は自然に生かされていることを悟ることができます。

人同士争うことも無くなっていくはずです。

人類皆兄弟という言葉がありますが、地球の全ての人間が宇宙・スの神の分け御霊なのですから、兄弟というよりも分身のようなものと考えることもできます。

また、人は何度も生まれ変わりを繰り返しますから、あなたのすぐ傍にいらっしゃる方が好きな人も嫌いな人も、実はご先祖様の御霊を持っているかもしれませんし、前世で家族だったかもしれません。

そして今後、子孫として生まれ変わるのかもしれませんし、後世では家族になっているかもしれません。

先祖供養を大切にしなければならない。と言いますが、実際に先祖供養をすることももちろん大事なのですが、周囲の人々を大切にすることも実は先祖供養をしている事と考えることもできます。

隣人は神であり先祖であり家族であり自分自身です。あいつは気に入らない。腹が立つ。と、考えることは先祖に対する不敬となりえますし、神様への不敬とも言えますし、自分の分身に対して怒っているわけですから自分自身を卑下している事とも言えます。

特に今の時代を生きる人々は、立て替え立て直しを成功させ新たな世創りをしていく役割を担っている、言わば戦友のようなものです。

立て替え立て直しが重要な局面を迎えている今日この時に、人同士が争っている暇はもうありません。

負の感情は人に与えられているものですから、生きていれば必ず腹の立つこともありますが、それをゆるめて、許容できる器の大きさ、『自然体』を養ってください。

タイトルとURLをコピーしました