2008年神示

記事

個性・魔と共鳴するな

個性 人にはそれぞれに欠けあり。そは人と人とが助け合うためなり。欠けはそれぞれの個性なり。欠けありて己の欠け知りたりてこそ、努力進歩ありなん。人は皆、それぞれ性格も気質も顔も声も全て異なるものなり。異なればこそ助け合えるものなり。身...
記事

神との縁結び・苦渋の決断

神との縁結び 人よ。遅れず神との縁を繋げよ。地球のこの危機の時、決して遅るるなかれよ。人の心は揺れやすくもろきもの。なればこそ、神に与えられし流れに沿いて生きいるがよけれ。神に感謝し、親に感謝し、手を合わせ祈ることいかに大切なるかを...
記事

幸と不幸・心の準備なせよ

幸と不幸 今この時、神の嘆きは深く、人の改心望まるるなれど、神の願いはなかなかに届かぬものなり。いまだ神の存在認めぬ者、都合の良き時のみの信仰の者多かりし。己に災い降りかかるなば、己の行動、己の思い振り返らず、全てを他者へ責任転嫁為...
記事

愛を学びあう・因果の法則

愛を学びあう 人は何故に家族をつくるや。人はその真の意味を知らねばならぬ。もともと他人同士の男と女、夫婦となりて共に苦労し修行為し、子もちて慈しみ愛を注がん。そもそも人は己が大切なものなり。真に人を愛することはなかなか困難なり。なれ...
記事

この時を見届けよ・希望を捨てるな

この時を見届けよ 今この時、人間の歴史の中で最も魂穢れし時なり。人は必ず死を迎えん。最後の最後のその時に走馬燈のように己の人生の全てが目の前に映し出さるる。その時人は己の間違い、愚かさを悟るなれど、その時では遅し。肉体無くさばこの世...
記事

いよいよの時

いよいよの時・全てに慎重に 人は皆神の子なり。人は地上のいかなる生命とも異なる特別なる生命なり。神は宇宙原理を仕組まれ、宇宙もこの世も動かされん。神の御仕組みのままに循環するなれば、全てよきにはからわれるものを、人間は我欲を抑えられ...
記事

神との縁結べ・失われしもの

神との縁結べ 今ようやくに神の存在に気づく者も増えつつありなん。今この時、この世に必要無きもの全て淘汰されん。次の世への立て替え立て直しはいよいよ始まりぬる。目には見えぬとも様々な変化あり。立て替え立て直しは確実に進みゆかん。少しず...
記事

被害者と加害者・罪

被害者と加害者 人は皆過つものなり。今この時凶悪なる事件多き。人事と思うなかれ。わが身もいつ被害者、あるいは加害者になるやもしれぬ。被害者の家族、加害者の家族となるやもしれぬ。被害者の家族の悲しみ、怒り、憎しみ、あまりに哀れなものな...
記事

手書き・試し

手書き 文明栄えると共に、人は手書きの文字を失いゆく。言霊には魂宿りし。手書きの文字にもまた、魂宿り神宿らん。なれば、真に己の思いを伝えたき時は、己の文字にて書きて伝えるがよけれ。文明の発達に精神追いつかず、機械に操られ、大切なる言...
記事

焦るなかれ・先人の知恵

焦るなかれ この立て替え立て直しの時、世情おかしきと感じる者も増えつつありなん。神の御心に適う姿になりたしと己の変革を切に願う者もあり。なれど、無理な変革は人には難しきものなり。我が身を変えんと焦り、かえりて邪気を呼ぶこともあり。神...
タイトルとURLをコピーしました