人も自然も元ある姿へ

富士山

人も自然も元ある姿へ

この日本の地形には特別な意味ありなん。
四方を海に囲まれ山があり川があり湖があり。
さにて豊かなる水と食に恵まれ独特の民族性養われん。
神が最も嫌うは水ある場所を固める、埋める行為なり。
海を埋め、川を固めるは、人の体で言うなれば血液の循環を妨げるも同じことなり。
水ある場所を埋め立てできた地は弱く、大地の波動も弱く、さなれば人の気も弱くならん。
山、川、海。自然の姿を変えてはならぬ。
この美しき日本の地形を変えてはならぬ。
本来山も川も海も人の生活を守る存在ならん。
なれど自然の森林伐採され、保水力失いし山、固められし川は、その役割果たすことかなわず。むしろ思わぬ災害引き起こさん。
人間の自然への冒涜は今、自然からの反撃を受けんとす。
これ以上その渦を大きくせぬためには、まずは自然という神への感謝を取り戻し共存の意識をもって動くことなり。
すでに荒らされし自然を元に戻すは容易にあらず。
なれば、気づきある者はこれまでの人の傲慢を詫び、自然への感謝と祈りを忘れぬことなり。
人の祈りは波動となり、この世を浄化する力とならん。
山、海、川の姿。そして人の魂を元ある形に戻す努力をせねばならぬ時訪れん。

タイトルとURLをコピーしました